ブログ

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の
優良整骨院求人サイトの「院job」です。
先週末頃から気温が一気に下がってきました。
体調を崩されている方も多くいらっしゃるようです。
暖かい服装で、お身体を冷やさないようにご注意ください。

さて、本日の柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の
就職・転職サイト院jobでは、「転職の際の、応募社数について」
触れてみたいと思います。

あくまでも新卒採用での調査ですが、
ある調査によりますと、2017年3月の時点で
就活生の企業へのエントリー数は平均30社ほどと言われています。
その中で企業説明会などを聞いて、
実際の応募までに進むには、更に20社ほどまでに絞るそうです。
そこから実際に面接に至るまでには、10数社ほどまでになるそうです。

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の皆さんは
転職、就職活動の際、何社ほど応募されますか?

複数の企業、整骨院、接骨院の応募はせずに
”~就職・転職の際には一社入魂!”という方も、
多数いらっしゃると思います。

ですが実際に面接や会社説明会などに訪れた際に
「思っていた環境や雰囲気と違う!」と
感じたりする場合はないでしょうか?

反対に複数の整骨院、接骨院、企業の応募をしていた場合には、
同業他院の比較ができたり、
第一志望ではなかった企業や整骨院、接骨院の
思わぬ良い点が見えてきたりすることもあります。
また、自分自身の選択肢もひろげられるのでは無いでしょうか?

この選択肢というのは、
「実際に面接に行かなければ、得られない選択肢」
あることが多いのではないでしょうか?

また特に、次の仕事先を決めるまでの「目標日」を
タイトな日程に設定されている方の場合などは、
”一社入魂”のスタイルは、
もし、しっかりと準備をおこない面接などに臨んでも
残念ながら不合格になってしまった場合や、
実際に訪れた時の印象があまり良くなかった時などには、
また、つぎの応募先を探して絞り、
応募して、面接を受けることは、
ある意味丁寧で誠実なのかもしれませんが、
どうしても時間が更にかかってしまうなど
時間の面でのリスクも伴う場合もあります。

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の方々は特に
「技術職である」という観点で見た場合には、
複数社、複数院の応募をして、
より自分自身の希望に合った接骨院、整骨院を
その中から選ぶというのも
選択肢としてあっても良いのかもしれません。

もちろん、複数の院と言いましても
数十社受ける、という事ではなく
4院、5院ほどの整骨院、接骨院を
期間を空けることなく、受けることがオススメです。
あまりに同時に多数の整骨院、接骨院に応募をしますと
ひとつひとつの受けた整骨院、接骨院の印象も薄れてしまいます。

また選択肢があまりに多いことで、
反対にその中から一社、一院に絞ることが
どうしても難しくなってしまう場合もあるからです。

また、複数の整骨院、接骨院を選ぶ際には
それぞれの院に合わせたPRポイントではなく、
自分の芯をしっかり持ち、
「自分を選んでもらう。」
「自分を売り込みにいく。」気持ちで
”自分自身が入社後にその院で、貢献できること”を伝えましょう。

いかがでしたでしょうか?
転職、就職の際の応募の数、迷いますよね。。
もちろん、求人募集のタイミングというのもありますし、
一概には言えませんが、
柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の方々で
これから就職活動、転職活動をされる際には
是非、参考にしてみてくださいね。

柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ師の皆さんの
就職活動、転職活動の際には、
優良求人情報が多数の「院job」にお任せください。
まずは簡単なご登録から!

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師求人サイト

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の
整骨院求人情報転職サイト「院job」です。
さわやかな秋晴れの日々が続いていますね、
街中の木々の葉も色づきはじめました。
東京や千葉は、11月の中旬から下旬にかけてが
紅葉の見頃だそうです。

さて、皆さんは、
”転職活動で苦労したこと”
”転職活動で困ったご経験”

はありますか?


・就業中のため、転職活動への時間を割くことができない
・自分自身の希望条件が明確にできない
・履歴書の作成に手間どってしまう
・職務経歴書の作成方法がわからない
・面接で何を聞かれるかわからず、とっさに答えることが出来ない

など、苦労されることは様々あるかと思いますが

その中でも特に、履歴書の「自己PR」の箇所を
どのように書けばいいのかについて、
悩んだことはありませんか?

この自己PR文、書き方によっては
面接官へ良いイメージを与えるための
”重要なポイント”でもありますので、
履歴書に記入する際には、しっかりと明記しましょう!

また、転職をお考えの方でしたら、
前職などにおいて、自分自身が今まで携わった仕事、
学生さんの場合には、学生生活での、
部活動やサークル活動を思い出してみてください。

その中で、

1.今まで携わってきた仕事で、自信につながっていることは何ですか?

2.自分自身の長所は何ですか?また、その長所を生かすここで
仕事の成功につながったものは何ですか?

3.自分自身で掲げた目標で、実現に向かってどんなプロセスを歩み、達成したことはどんなことでしたか?

4.仕事で得た喜びは何ですか?また、それはあなたの人生にどのような影響をもたらしましたか?

上記の”4つの問いへの答え”を書き出してみましょう。
そうすると自然と、あなたが”自己PRできること”が
浮かび上がってくるのではないでしょうか?

また職歴が長い方、豊富なご経験を持っている方は、
面接官へ伝えたいことが自然と多くなってくるかと思いますが
要点をしぼって、特にアピールしたいことを
より”簡潔に”伝えると良いでしょう。

つぎに、具体的に持っている”資格”や”能力”をアピールする場合ですが、
柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の方は特に
この資格の有無というものが、
具体的な(資格面での)PRポイントとなりますが、
資格取得そのものをアピールすることよりも、

・なぜ、柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の資格を取得しようと思ったのか
・持っている最大限に資格を活かして、どんな仕事をしていきたいのか。
・またその仕事を通してどんな事を経験したいのか。

などを伝えると、より「前向きな印象」を
面接官に伝えることが、できるのではないでしょうか?

またどんなに資格を持っていても、
実際に入社後、それぞれの社風、
整骨院、接骨院の雰囲気になじみ
周りの方と協力しながら、
仕事をしていけるかどうかの見極めを、面接官はしています。

企業、整骨院・接骨院の面接官の方が
どのような人物像を求めているのかを知るためにも
求人情報によっては、
「求める人物像」が掲載されている場合もありますので
しっかりとチェックしておきたいところですね。

また、企業、整骨院・接骨院のHPなどを見て、
情報収集をして、会社の方針を知っておくことで、
見えてくることもあるのではないでしょうか?

いかがでしたでしょうか。
今回は、自己PR文について触れましたが、
この自己PR文章は、履歴書の中でも
一番オリジナティが発揮でき、
人となりを伝えられるポイントでもありますので
履歴書を作成する際には、是非、参考にしてみてくださいね。

柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ師の皆さんの
就職活動、転職活動の際には、
優良求人情報が多数の「院job」にお任せください。
まずは簡単なご登録から!

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師求人サイト

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の
整骨院求人情報サイトの「院job」です。
気温も急激に下がり、すっかり秋らしい陽気となりましたね。
ついこの間まで半袖で過ごしていたのに、早いものですね。

さて、本日は就労中の方が転職が決まった際に
必ず通らなくてはならない道
「円満退職への流れ」について触れてみたいと思います、

一般的に、転職を切り出す際には、
2つのパターンがあるかと思います。

・すでに転職先が決まっている場合
・次の転職先が決まっていない場合

~転職先が決まっている場合~

まず、次の転職先が決定している場合には、
就業開始の日が決定していることが殆どの場合かと思います。
ですので、もし今後退職へのスケジュールを組む時には
そのスケジュールに沿う流れになるかと思います。

一般的に、1ヶ月半前~2ヶ月前に
「退職の意思」を示すのがマナーとされていますが」
会社ごとの就業規則が設けられている場合には、
その規則を優先させましょう。
また、契約社員の場合には「契約が満了」となる前に
退職をするのは、次の転職先への印象も悪くなりますし
場合によっては契約違反とされてしまう場合もありますので注意しましょう。

民法上では、「退職の意思」を示してから2週間後には
退職はできることになっています。
しかしながら、次の就労先との兼ね合いもあり、
自分自身が思う通りにはいかないかもしれません。

そして就労先によっては「すぐにでも働いて欲しい!」
と言われる場合も、もしかしたらあるかもしれません。
ですが現在の仕事の引継ぎを行なうことは、社会人としての最低限のマナーですし、
今までお世話になった職場、そして職場の方たちにとっても
引継ぎをしっかりしてから、退職することは大切です。

ですから、新たな職場で就労するまでの準備などを含めて、
”就業開始のタイミング”をしっかりと
次の就労先と話し合い決定しておきましょう。

~つぎの就労先が決まっていない場合~

つぎに、就労先が決定していない場合ですが、
退職を切り出す際には、
もしかしたら、現在の職場から強い引き止めに遭うかもしれません。
しっかりと自分自身と向き合い、
自分自身の意思を確認しておきましょう。
そして、退職の意思を示す際には
ハッキリと明確に伝えましょう!

そして「退職の伝え方」ですが、
必ず自分自身の直属の上司に伝えましょう。
その前に、自分の仲の良い職場の方や
身近な部署の方に伝えてしまいますと、
どこからか話が伝わってしまい、
直属の上司に自分自身で話を伝える前に、
他の人から話が伝わってしまう可能性もあります。
円満退社を目指すためにも、避けた方が良いでしょう。

つぎに「退職の理由」ですが、
こちらはできるだけネガティブな理由は避けましょう。
退職を伝えるタイミングで
「(現在の職場への)不満」などを伝えると
円満退社から遠のいてしまう可能性があるばかりか、
その不満から改善の提案をされ、
引き留められる(悪いことではありませんが・・・、)可能性もあります。

「現在より、ステップアップをしていきたい」
「チャレンジしたい仕事がある」

などの前向きな理由が、
もっとも円満退職へつながる道ではないでしょうか?

強い引きとめに遭い、
「給与を引き上げる」
「今より待遇面を見直す」
「昇格させる」

などの提案をされた場合、
心が揺らいでしまうこともあるかもしれません。
ですが、転職の意思が固まっていた場合には
決して心が揺らがないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?
「飛ぶ鳥あとをにごさず」ということわざもあるとおり、
円満退職をして、新たな環境へ進むことは
今後の自分の人生にも影響を及ぼすので
しっかりと

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の皆さん
就職活動、転職活動の際には、
優良求人が多数の「院job」にお任せください。
まずは簡単なご登録から!

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師求人サイト

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の皆様、
または柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の
資格取得を目指している皆様こんにちは!
転職・求人サイト院jobです。

●柔道整復師を目指している方、
今年度の国家試験の日時は

平成28年3月6日(日曜日)
です。

●はり師・きゅう師
の方の国家試験の日時は、

平成28年2月28日(日曜日)

●あん摩マッサージ師の国家試験の日時は

平成28年2月27日(土曜日)
です。

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師を目指す皆様も
資格取得の為、勉強の追い込みの時期ではないでしょうか?

皆様は資格取得の為に、どのような勉強をされていますか?
独自の勉強方法を確立している方も多いのではないでしょうか?

かのトーマスエジソンの
「楽しみながら学ぶのがベストだ。」
という言葉もある通り、楽しんで勉強するのがベストなのです。

暗記の方法は、夜眠る前30分間におこない
、さらに起きてからの30分間でおこなうのが良いそうです。

そして睡眠時間をけずってしまうと、記憶が定着されないので
しっかりと睡眠をとることも大切です。

また、ご飯もお腹いっぱい食べてしまうと
ボーッとしてしまいますので、腹八分目までにして
適度な運動をおこなうことも良いそうですよ。

資格取得の為に、たくさんの参考書を購入して勉強するよりも
1つの参考書を重点的に勉強をおこない、
色ペンなども多用するのではなく、
一色で二重線、波線などで意味を使い分けることもオススメだそうです!

また、いざ勉強を始めたら
机の上の物が気になってしまったりなど、
勉強に集中できない環境が気になってしまうこともありませんか?

”勉強に集中しやすい環境づくり”
は勉強を効率よく進める為に大切ではないでしょうか?

静かな環境で勉強するほうが集中できるのか
反対に、ワイワイしている中で勉強するほうが自分に合っているのか

普段から自分なりの集中しやすい
時間、場所、を知っておくと良いかもしれません。

これから、クリスマス、お正月、と
楽しいイベントが目白押しですが、
楽しみの時間やモノも残しつつ・・・
やる時はガッツリとやる!
事が勉強の効率を上げる方法の1つではないでしょうか?

これから柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の資格取得を目指す皆様
体調にはくれぐれも気をつけて、がんばってくださいね!

また、もし整骨院、鍼灸院の就職情報をお探しの際には
院jobをご利用ください。

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の
求人サイト”院job”です。

すっかり季節は”秋”になりましたね。
過ごしやすい気候がつづきます。
これから少しづつ冬に向かって
気温も下がってくるのでしょうね。
また、乾燥しやすい季節にもなってきますので、
マスクや加湿器などの使用で
乾燥対策をすることで、風邪予防にもつながります。
寒暖の差に、体調を崩されないようにされてくださいね。

さて、本日は高齢化社会について
考えてみたいと思います。

高齢化社会とは・・・おおむね65歳以上の人口が増大した社会のこと、です。

団塊の世代と言われる方々が、今年2015年に65歳以上になり、
高齢化率は26%以上になる見通しという事です。
人口の4人に1人が65歳以上ということになります。
また、予想される10年後は約28%の方が65歳以上になり
3人に1人がご高齢の方になる社会がすぐそこまできているのです。

このような高齢化社会においては
柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の方々が求められる機会は、
ますます増えていくことが予想されます。
また活躍される舞台も整骨院・鍼灸院・整体院・デイケアサービス以外にも
広がりをみせていく可能性のある職業です。
柔道整復師、鍼灸師の資格取得方法は下記の通りです。

【柔道整復師】
柔道整復師とは、
骨折、捻挫、脱臼、打撲、挫傷
などの損傷をしてしまわれた方に、
手術ではない「非観血的療法」によって施術をおこない、
自然治癒力の向上と症状の改善を目指す、
古来から存在する職業でもあり、国家資格です。
投薬、手術を行わないという観点からも、高齢化社会において更に注目度が高まっています。

柔道整復師の受験資格を得るには、
文部科学大臣指定学校、厚生労働大臣の指定した柔道整復師養成施設で3年間学ぶ必要があります。

(柔道整復師の試験内容)

・解剖学
・生理学
・運動学
・病理学概論
・衛生学・公衆衛生学
・一般臨床医学
・外科学概論
・整形外科科学
・リハビリテーション医学
・柔道整復理論
・関係法規

【鍼師・灸師】

鍼灸師は、お灸、鍼を用いて人間本来の持つ、自然治癒力を高める事を目指す職業です。
はり師、灸師の資格は高校を卒業し、
(はり師、灸師の資格は本来は別ですが)
同じ鍼灸師の養成学校で学び単位を取得し卒業をすることで、
2つ両方の受験資格を得ることが可能です。

(鍼灸師の試験内容)

・医療概論
・衛生学・公衆衛生学
・関係法規
・解剖学
・生理学
・病理学概論
・臨床医学総論
・臨床医学各論
・リハビリテーション医学
・東洋医学概論
・経路経穴概論
・はり理論、及び東洋医学臨床論

鍼は、身体への負担が少ないため、
リハビリにも用いられ、これからの高齢化社会での注目度が更に高まっている資格でもあります。

そして、柔道整復師・鍼灸師の資格は共に、資格取得後に【独立開業】することもできる職業なのです。

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の整骨院求人サイト、院jobです。
9月に入り、長い雨が続いています。
気温も蒸し暑かったり、朝晩は少し肌寒い日もあり急激な気温の変化に体調を崩されていませんか?
また、引き続き熱中症対策も必要だそうです。
夏の疲れが出やすい時期でもありますから、体調には十分に気をつけてくださいね。

柔道整復師や鍼灸師、あん摩マッサージ師として現在ご就業中の皆様、
また資格は持っているが、現在は職から離れていると方々にも院jobはオススメです。
まず、就業を希望される際には、ご希望に沿った求人の出る”タイミング”などももちろんありますが
そのタイミングをつかむ為には、ご自身の”こんな院で働きたい!という思いと、現実的に冷静に見た視点も大切です。
就業場所は家からどの位の距離が良いか、勤務時間やお休み、給与面なども重要ですよね。
このような希望を明確に(書き出しておくことがおすすめです!)することで、よりご自身の希望に沿った転職先に就業することができるのです。

また、柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ師の転職サイト「院job」では
ご希望をまずヒアリングさせていただき、整骨院業界に強い専任のコンサルタントが
独自のネットワークから、あなたのご希望する院に近い院への推薦をさせていただいております。

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の転職をお考えの皆様、
是非一度、院jobにご相談ください。

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の転職サイト”院job”
まずは簡単なご登録から!

柏市 柏東口整骨院 鍼灸師 三上様

  • 鍼灸師としての腕を磨くことが出来ました。

    私は、学校卒業し鍼灸師になりました。柔道整復師と比べ求人が少ないのが現実で結構大変でした。
    収入においても柔道整復師と比べると若干少ないです。
    とりあえず、治療院にはいりましたが、鍼灸師であっても鍼灸が出来ない現実がありました。
    それでも、鍼灸がやりたいという気持ちは強かったので就職支援である、院JOBに力を借りました。求人内容を見ていてもやはり、鍼灸師の仕事は少ないのですが、驚いたのは非公開求人でした。
    アドバイザーの方に聞いたところ、「整骨院、接骨院の求人」は50%が非公開求人とのことで、オープニング案件や、サイトでは紹介出来ないお得な求人がたくさんありました。
    私一人で探すと大変でしたので、もっと早く相談しておけば良かったと思いました。
    晴れて鍼灸院に就職が決まりました。そこの鍼灸院では、雰囲気もよく、圧倒的な患者数でリピート率も高く、他の先生方の鍼治療技術も高く、私にとってかなり刺激になり毎日が勉強です。
    また、スポーツ鍼灸や美容鍼灸にも力を入れている治療院なので、まだまだ技術が足りないですが、美容鍼灸の勉強をして将来的には、美容鍼灸院を開業したいと思いました。
    私の将来のビジョンにマッチした治療院を紹介くださりありがとうございました。

東京都江戸川区 わかば整骨院 柔道整復師

  • 院長のハイクラス転職で収入と勤労環境の大幅改善に成功しました。

    私は個人院で6年ほど勤務し院長を任せてもらえるようになりました。
    院長になるのは、長年の夢でしたが休みが減り、毎日時間に追われ来院数を伸ばす戦略についても私しが責任をもってやっておりましたが、さすがに戦略については、勉強がなかなか出来なく、手が回らなくなり来院数も下がっていく一方でした。
    6年後には、独立開業したいと考えておりますので経営についても勉強したいと考え求人支援サイトの院JOBのアドバイザーの方に相談しました。
    アドバイザーの方は、色々な整骨院・接骨院・鍼灸院に行った方が経験が積めると言っていたので、私は院長のハイクラス転職で色々な現場を経験できるようにグループ院の院長求人に応募し採用されました。
    実際に就業は始まり、経営の勉強会にも参加させていただきとても、参考になっております。一つの手技ではなく新しい手技も覚え毎日が忙しいですが、雰囲気の良い整骨院で毎日が充実しております。また、収入も満足しております、。
    院JOBのアドバイザーの方が、私の話を細かくリアリングしてくださったお陰で納得のいく就職ができ本当に感謝しております。

東京都北区 東十条駅前整骨院 柔道整復師

  • 収入も大幅に増えました。

    私は、18歳で学校に入り21歳で卒業。
    個人院に就職しました。少しくらい収入が低くても経験を積みたかったので気にならなかったのですが、近くにグループ院が出来てからお客様の来院数が減少してきました。それと同時に収入も下がりさすがに生活が出来なくなったので転職を考え始めました。個人院では、来院者数が下がればもちろん、売上も下がりますので個人院の現実を思い知らされました。
    もちろん私も目指すところは、独立開業です。とりあえず、今は目の前の事を一生懸命やり経験を積みたいので安定したグループ院がいいなと思って柔道整復師求人サイトのアドバイザーの方に相談しました。
    アドバイザーの方は、親身に相談にのってくださり、私のキャリアプランにあった1.勉強が出来る環境 2.同期が多い職場 3.収入があがる制度がある整骨院を紹介してもらいました。
    就職してから聞いていた内容と違うという話を聞いたこともあり不安でしたが、アドバイザーの方から聞いた内容と同じで雰囲気がとても良い整骨院でした。

千葉県我孫子市 我孫子北口整骨院 柔道整復師

  • 前の整骨院は私には合いませんでしたが新しい整骨院は、私にぴったりです。

    私が以前働いていた職場はいつまでたってもマッサージや矯正をさせてもらえませんでした。
    柔道整復師の資格をもっていても経験を積めない私は辛い毎日でした。もちろん将来は、独立開業したいので経験を積んで早く上達したい気持ちでいっぱいです。
    私が通っていた柔整師の友達は、グループ院に就職し最初はもちろん補助からでしたが、3ヶ月後にはテストを行いマッサージを任されているそうです。
    そのグループ院では、学ぶスピードも早く患者様から仕事を教えていただくをモットーにしているので、皆モチベーションも高く、なるべくはやく施術にはいれるよう大勢の同期と互いに競い助けあってるそうです。
    個人院に就職した私は、同期もいないし、学べる環境もほとんどありませんでした。
    将来の独立開業の為に、私は転職しようと決意しました。
    院JOBのアドバイザーの方は、辛い私の経験を聞きマッチした整骨院をいくつか紹介してくれました。
    その中の求人は個人院とグループ院がありました。
    友人からグループ院は早く成長できると聞いていたので応募したところ、採用が決まりました。
    実際働いたところ、本当に同期の皆のモチベーションが高く毎日大変でしたが、2ヶ月で矯正はまだですが、マッサージをさせてもらえるようになりました。早く矯正も出来るようにがんばりたいと思います。