鍼師・灸師の資格取得方法

皆様こんにちは!
柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ師の求人情報サイト院jobです。
梅雨に入りましたね。
激しい雨が降り続いている場所もありますので、災害がとても心配です。
事故などに遭わないよう、お気をつけください。

さて、数ある資格の中でも「鍼灸師」という資格は、どのように取得するのでしょうか?
鍼灸師は、鍼やお灸を用いることによって
人間の持つ本来の治癒力を高めていくことを目指す「国家資格」です。
本来は、鍼師・灸師は別の国家資格ですが、同じ鍼灸師の養成学校で単位を取得し卒業することで、2つの資格の受験が可能になります。
鍼師・灸師の資格の取得方法は、高校を卒業して、鍼灸師養成学校で3年間学び、卒業時に国家試験の受験となります。
この試験に合格したら晴れて「鍼師・きゅう師」となるのです。
試験は、マーク形式と実技試験になっており、合格率も鍼師・きゅう師とも約7、8割と
しっかりと学び受験にのぞめば、比較的、受かる確立の高い資格です。
また、鍼は身体への負担が少なく、リハビリにも用いられていますので、これからの高齢化社会に向けて更に注目度が高まってきています。
そして資格取得後は、独立開業も可能ですので、将来的に独立を目指しておられる方も多い職業です。

試験内容は下記項目です。

・医療概論
・衛生学、公衆衛生学
・関係法規
・解剖学
・生理学
・病理学概論
・臨床医学総論
・臨床医学各論
・リハビリテーション医学
・東洋医学概論
・経路経穴概論
・はり理論、及び東洋医学臨床論

※灸師国家資格を同時受験する場合は、鍼理論・きゅう理論以外の共通科目は
受験者が申請することによって、片方の試験が免除されます。